久々の飛行機に・・・last   


新婚旅行も去年のこととなってしまったので、今回で無理矢理ラスト、フォトギャラリーとしてしまいます。
写真を撮ることは好きだけど、今回はかなり撮りすぎちゃって、実際にこのまなこで見て脳にとり込まれてるのか・・・考え出すと不安になってしまいます。

じっと見て、何かを感じ、その瞬間、その映像を自分の一部としていくことがわたしにとっての旅の意味のような気がするから、これからはその瞬間をできるだけカメラではなく、自分の内部に収めていくよう心がけてみます。

b0110339_2323892.jpg

教会を見つけたら、名もない小さいなものでもするするっと入ってしまいます。
キリスト教カトリックの教会が素晴しいと思うのは宗教的な建物の中でももっとも開かれているところだと思います。
だって一つ一つがお金掛けて、見事な芸術作品として作られていますから。

そして誰もが気兼ねなく入って、心を落ち着けることができます。
特に好きなのは、ロウソクとマリア像。
訪ねた人が灯すロウソクを見るとほっとした気持ちなれるのです。

マリア像は教会によってさまざまですが、いたわりの表情は同じです。

b0110339_23241434.jpg


b0110339_2323483.jpg


スペインにはフランスと同じくらい手をつないでいる老若男女カップルがいました。
日本でもたまに見かけますが、いくつになっても手をつなげるカップルっていいですね。

ちなみにカメラに収まってるリュックの短パンの人は・・・さっさと先を歩いています。

b0110339_23242655.jpg


バルセロナ、ボルン地区(だったと思う)。
古い町並み、古い通り。
歩いていると、いろんな発見があります。
お店の看板だったり、ドアの取っ手だったり、窓の格子だったり。
一つ一つ手で作られていた時代の物は、何年たっても作品として色あせないです。

b0110339_23244398.jpg

人がいっぱいのグエル公園。
ガウディの作品は、なんて突拍子がないんだろう。
発想に際限がなく、なにもかも空を飛ぶ鳥のように自由です。
そんな風に作りたいものを作れたら、どんなに素晴しいだろうと思います。

b0110339_23434164.jpg

[PR]

by ame_agare | 2009-01-17 23:54 | travel | Comments(0)

<< 販売します ☆ワンピース☆販売します >>