白いブラウスと白い歯   

まだ幼稚園の年中のバルサちゃんですが、卒園式の出席を余儀なくされいろいろ覚えてきました。

「しゅっせき」「きりつ」「ちゃくせき」『君が代』

私、そういう式がつく行事がとにかくいやだったから、こんな年齢からもうそんなことを覚えるのと涙が出そう。かわいそうで。

礼を大切にするのはよいですが、回数に問題があると思う。
そういうのって変わらないんですね。

そんなわけで卒園式出席に必須なブラウスを作製。
ちょどよくうってつけの布を持っていたから、ちょいちょいっと作りました。そのことに自分で感動。
洋裁続けてきてよかったな、思えた瞬間でした。

b0110339_01520287.jpg

ところでここ最近のショックなこと。

バルサちゃんとレアルちゃん、なんと二人とも虫歯あり!
要治療の。

二人とも11月ころ区の歯科検診ではきれいですよ、問題なしといわれたのに、なんと目視では見つけられない奥歯の二本の隣接面、くっついている中の方。バルサちゃんの場合、それが上下左右すべての2本にあり、とてもショックでした。
3歳児のレアルちゃんなんて奇跡的にもう穴ができてると!

これだったら、歯科検診の意味ってぜんぜん意味ないんじゃないですかって思いまして。
だって一番虫歯になりやすいところ(磨きづらく糸ようじを使用しないときれいにならないし虫歯も見つけられない場所)の虫歯を早期にみつけてもらっての検診ではないのか??

きれいな白い歯とはいえ、その奥にひそむばい菌にもっと注意を払わないといけないと教訓を受けたこのごろでした。

見た目で判断してはいけないぞ!と。(笑)
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


[PR]

by ame_agare | 2016-03-30 08:15 | lady's tops | Comments(0)

<< ぼろの美しさ イメチェン >>